-着物- 着物の通信販売(通販)カタログ

着物

着物は素材や模様の付け方、紋の数によって、使い方の用途が変わってくるものです。
また、既婚と未婚とで使い分けの必要なものもあります。
TPOに合わせた着物を選んで、その場にふさわしい装いをしたいものです。

 

  • 黒留袖 ・・ 既婚女性の第一礼装
  • 色留袖 ・・ 黒留袖と同格で、未婚女性も着られる
  • 振袖 ・・ 未婚女性の第一礼装
  • 訪問着 ・・ 準礼装の社交着
  • 付下げ ・・ 簡略化した訪問着

着物記事一覧

黒留袖

黒留袖黒留袖(くろとめそで)は既婚女性の第一礼装で、祝儀のためのフォーマルな着物です。結婚式や披露宴に出席する新郎新婦の母親、仲人夫人、親族の既婚女性が着用します。背中心・両胸・両外袖の5ヶ所に日向紋(ひなたもん)を染め抜きます。裾には華やかな模様が描かれていて、模様が小さく位置が低めなものほと年配...

≫続きを読む

 

色留袖

色留袖(いろとめそで)は着用範囲が広い着物です。五つ紋の家紋のほか、三つ紋や一つ紋をつける場合もあり、五つ紋付きの色留袖は黒留袖と同格になり、未婚女性も着られるお祝い用の第一礼装で、紋の数が減ると準礼装になり、格式のあるパーティーや茶会などにも向いています。結婚式や披露宴等では、新郎新婦の親族の女性...

≫続きを読む

 

振袖

振袖(ふりそで)とは、未婚女性が祭礼や儀礼的な場面で着用する第一礼装にあたる袖丈の長い着物で、袖丈が長いほど格が高くなり、改まった感じになります。和裁においては、振袖の袂は、袖丈114cm前後の「大振袖」、袖丈100cm前後の「中振袖」、袖丈85cm前後の「小振袖」に分類されます。振袖の通信販売(通...

≫続きを読む

 

訪問着

訪問着(ほうもんぎ)とは色留袖の次にフォーマルな準礼装の着物で、紋を付ければ色留袖と同格になります。披露宴やパーティなどの席で、未婚・既婚を問わず着用できます。付け下げと似ていますが、生地を染める時点で違いがあり、訪問着はすべての柄が続くように作られていますが、付け下げは絵柄がつながっていません。訪...

≫続きを読む

 

付下げ

付下げ(つけさげ)とは、裁ち目のところで模様がつながっておらず、訪問着を簡略化した着物で、訪問着よりは気軽で小紋よりは格の高い位置づけの着物です。未婚、既婚を問わず着られます。付け下げの模様は、ポイント的に付いているシンプルなものや大きく華やかな物など多種多様になっていて、非常に華やかな模様の付け下...

≫続きを読む