-家紋- 着物の通信販売(通販)カタログ

家紋

家紋

家紋(かもん)とは、日本において古くより出自といった自らの家系、血統、家柄・地位を表すために用いられてきた紋章です。

 

家紋の起源は古く平安時代後期にまで遡ります。奈良時代から調度や器物に装飾目的として様々な文様が描かれるようになり、平安時代になると調度品に文様を描くことは視覚的な美しさだけでなく、貴族が各家固有の目印として使う特色を帯びてきて、公家が衣装や調度品、牛車などに家紋を用いるようになりました。鎌倉時代になると武士も家紋を持つようになり、戦国時代には戦場で敵味方を見分けやすくするために、軍旗や武具、幔幕や幟旗、馬標や刀の鞘など、様々な物に家紋が用いられました。

 

江戸時代には、家紋は一種の権威の象徴となり、家の格式を他人に示したり相手の身分を確認したり示したりするといった目的に変化し、また一般庶民も広く家紋を使用しはじめました。

 

着物の世界では、正装や準礼装に紋をつけるのが決まりとなっています。

 

 

着物につける紋

 

日向紋(ひなたもん) ・・ 紋の形を白い面で表した物で、留袖などの改まった装いには、染め抜きの日向紋の五つ紋(後述)をつけます。

 

陰紋(かげもん) ・・ 紋の輪郭を縫ったり染めたりして紋の形を表した物。

 

縫い紋(ぬいもん) ・・ 紋を刺繍で表した物。紋を染め抜くことができない場合に使いますが、染め抜きと比べると略式になります。

 

貼り紋(はりもん) ・・ 貼り付けて使える紋のシール。必要な時だけ貼って、使い終わったら剥がせます。

 

 

紋の数と位置

 

五つ紋(いつつもん) ・・ 正装の着物(留袖や黒喪服、色無地、男性の黒紋付)などにつけます。位置は、背中心、両胸、両外袖の5ヶ所。

 

三つ紋(みつもん) ・・ 準礼装の着物(色留袖や色無地、男性の無地の御召)などにつけます。位置は背中心と両外袖の3ヶ所。

 

一つ紋(ひとつもん) ・・ 準礼装から略礼装の着物(色無地や訪問着、江戸小紋、男性の無地の御召や紬)などにつけます。位置は背中心に1ヶ所。

 

 

着物につける紋のサイズ

 

男性用 ・・ 直径約4cm
女性用 ・・ 直径約2.2cm
子供用 ・・ 直径約3.5cm

 

家紋記事一覧

貼り紋

貼り紋とは、着物に貼って使うシールのことで、家紋のついていない着物やレンタルした着物などに利用できる便利な物です。貼り紋を取り扱っている店舗をご紹介します。  貼り紋

≫続きを読む